バッハカンタータアンサンブルの歴史

1'st concert

 アマチュアとして、一年に6曲、40年かけて200曲近いバッハのカンタータを 全曲演奏しようという目標の元に、オーケストラと合唱が集まり、一つの団体として 1991年3月に結成されたのが、「バッハカンタータアンサンブル」です。 これまでに120曲近いカンタータを演奏してきましたが、カンタータを研究し演奏す ればするほどバッハの音楽の深さ、凄さがわかってきました。言葉、テキスト、楽器、 演奏法の問題。それらに加えてアマチュア音楽団体に付き物の組織作りや団としての 方向性。解決しなければならない問題はたくさんあります。そんな苦労をしても我々 がこうして演奏し続けているのはバッハの音楽の偉大さに皆が引きつけられてしまった からでしょう。


戻る

inserted by FC2 system